トップページ 会社概要 虹彩認証について 製品紹介 技術情報 ダウンロード FAQ パートナー 代理店・人材募集 お問い合わせ
Home  > FAQ

ライン


1.眼鏡、サングラス、コンタクトレンズの使用

Q : 眼鏡を掛けたままでも認証できますか?
A : 眼鏡を掛けたままでも認証できます。登録時には眼鏡を外して登録してください。
Q : サングラスを掛けても認証できますか?
A : 濃いサングラスでなければ、認証できます。
Q : コンタクトレンズは使用できますか?
A : ・カラーコンタクトは使用できません。本人の虹彩がマスクされるためです。
   ・透明なコンタクトレンズは使用可能ですが、稀にレンズの縁が虹彩にかかった場合など
   認証できない場合があります。その対策としては、カードや暗証番号との併用が考えられます。

2..眼に対する影響

Q : カメラから出る赤外線は眼に影響を与えまんせか?
A : 赤外線が出る時間は短時間であり、 国際安全基準(IEC62471)に準拠しているので安全です。

3..利用環境

Q : 屋外でも使用できますか?
A : 太陽光が当たる場所、直接風雨が当たる場所、0度以下になる場所は避けて下さい。
   どうしても屋外に設置する場合は防護カバー等付けて下さい。
Q : 設置上の注意点は?
  ・ 太陽光・ハロゲンランプなどの強い照明が当たる場所は避けてください。
  ・ 高温多湿・結露を生じるような場所は避けてください。(温度 0℃〜45℃、湿度〜90%)

4.利用形体

Q : 何人まで登録できますか?
A : 最大10,000テンプレート、両眼登録で5,000人まで可能です。(1:1認証および1:N識別)
Q : 設置できる扉の数は?
A : 提供する管理ソフトのタイプによって異なります。
  ・ ベーシック・タイプで4扉、プロフェッショナル・タイプで20扉、プロフェショナル・プラスで最大100扉です。
Q : EF-45はどのような接続IFを持っていますか?
A : 下記のような豊富なインタフェースを持っています。
   @ リレー端子:扉の開閉等
   A GPIO :扉開閉センサー、開閉ボタン
   B Wiegand :ICカードリーダ、
   C RS−232C : ICカードリーダ
   D RS-485 : 監視盤、コンピュータ
   E EatherNet : コンピュータ
   F USB端子: コンピュータ

5.SDKの提供

Q : 自社でアプリケーションを開発したいが、SDKは提供されますか?
A : SDKは提供できます。   

>> お問い合わせ