高精細虹彩認証で安心と安全な社会を目指すクリテックジャパン

FAQ                                                                                               




共通


1..眼に対する影響

Q : カメラから出る赤外線は眼に悪影響を与えまんせか?
A : 赤外線が出る時間は短時間であり、 国際安全基準(IEC62471)に準拠しているので安全です。


2..虹彩データのセキュリティ

Q : 虹彩データ(テンプレート)から虹彩模様を復元できますか?
A : 暗号化されたデータから虹彩画像を復元することはできません。

Q : 写真で撮影した虹彩画像で認証されますか?
A : ライブ(生きている)情報を検知しますので、写真画像では認証されません。

Q : 虹彩データ(テンプレート)が本人以外に悪用される心配はありませんか?
A : 暗号化された虹彩データは本人だけをを認証することが可能ですので、他人がなりすますことはできません。

3.虹彩の適合条件

Q : 緑内障・白内障などの眼病があっても利用できますか?
A : 虹彩に異常が出るわけは無いので利用できます。

4.SDKの提供

Q : 自社でアプリケーションを開発したいが、SDKは提供されますか?
A : SDKは有償で提供できます。(IriShiledは販売価格に含まれます)




 EF-45J


1.眼鏡、サングラス、コンタクトレンズの使用

Q : 眼鏡を掛けたままでも認証できますか?
A : 眼鏡を掛けたままでも認証できます。登録時には眼鏡を外して登録してください。

Q : サングラスを掛けても認証できますか?
A : 濃いサングラスでなければ、認証できます。

Q : コンタクトレンズは使用できますか?
A : ・カラーコンタクトは使用できません。本人の虹彩がマスクされるためです。
   ・透明なコンタクトレンズは使用可能ですが、稀にレンズの縁が虹彩にかかった場合など
   認証できない場合があります。その対策としては、カードや暗証番号との併用が考えられます。


3..利用環境

Q : 屋外でも使用できますか?
A : 太陽光が当たる場所、直接風雨が当たる場所、0度以下になる場所は避けて下さい。
   どうしても屋外に設置する場合は防護カバー等付けて下さい。

Q : 虹彩認証機器が使える温度環境は?
A : 一般的に0℃から40℃の環境でお使いください。

Q : 設置上の注意点は?
A : ・ 太陽光・ハロゲンランプなどの強い照明が当たる場所は避けてください。
  ・ 高温多湿・結露を生じるような場所は避けてください。(温度 0℃〜45℃、湿度〜90%)

Q : 市販のWiFiアダプタは使用できますか?
A : 指定のアダプタ以外の動作は保証できませんので、弊社までお問合せください。


4.利用形態

Q : 何人まで登録できますか?
A : 最大10,000テンプレート、両眼登録で5,000人まで可能です。(1:1認証および1:N識別)
   オプションで40,000まで拡張できます。

Q : 外国人の労働者(目の色が違う)でも利用できますか?
A : 様々な色の虹彩に対応しています
                          

Q : 機器管理ソフトCMIDマネージャーで管理できる認証装置(解錠する扉)の台数は?
A : 提供する管理ソフトのタイプによって異なります。
  ・ ベーシック・タイプで4台、プロフェッショナル・タイプで20台、プロフェショナル・プラスで最大100台です。

Q : EF-45はどのような接続IFを持っていますか?
A : 下記のような豊富なインタフェースを持っています。
   @ リレー端子: 認証時信号出力(無電圧接点信号)
   A GPIO : 扉開閉センサー、開閉ボタン接続など
   B Wiegand : 【出力】ドアコントローラ接続(ACU)、【入力】ICカードリーダなど
   C RS−232C : ICカードリーダ
   D RS-485 : 監視盤、コンピュータ
   E EatherNet : コンピュータ接続
   F USB端子: データ入出力・ログ出力、FWアップデート、WiFiアダプタ接続



 IriShield (アイリシールド)

Q : PCのUSBポートに接続してすぐに使えますか?
A : 利用ライセンス認証が必要ですので、利用されるPCのマシンIDを弊社までお知らせください。
   1週間程度でライセンス番号を発行します。
   マシンIDは取得プログラムを実行していただくことで可能です。

Q : 利用ソフトは商品に添付されていますか?
A : 利用ソフト(ForYourIrisOnly)はメーカーHPよりダウンロードしていただきます(マニュアル含め英文での提供)。

Q : 1台のPCから複数のドメインにログインできますか?
A : はい、共有パソコンから利用者がそれぞれのドメインでサーバーにログインするのに適しています。

Q : 虹彩データの登録や認証はPCソフトで行うのですか?
A : いいえ、アイリシールド本体に虹彩データが登録され、認証も本体で行われます。

Q : SDKは有料ですか?
A : 開発ソフトウエアキットは、無料でダウンロードできます。





 ミラーキー


Q : 虹彩データはどこに保存されますか?
A : ミラーキー本体はカメラ機能のみであり、暗号化された虹彩データはPCに保存され、認証もPC側になります。




Q : 眼鏡を掛けたままでも認証できますか?
A : 動作保証されるのは裸眼になりますが、眼鏡のガラスに光が反射しなければ認証可能です。




Q : Windowsログインが必要な場合は、どのような動作プロセスになりますか?
A : Windowsログイン完了直後-->スクリーンセーバー起動-->MirrorKey虹彩認証で解除の順になります




Q : MirrorKeyをUSBポートから外したらどうなりますか?
A : MirrorKeyパスワード入力でスクリーンセーバーを解除できるようになりますが、Windowsログインパスワード同様、
   複雑なパスワードを設定しておく必要があります。




Q : 虹彩取得位置になかなか目を合わせられません。
A : MirrorKeyを遠くの位置から近づけるのではなく、眼に近い位置からゆっくり離す方向で合わせてみて下さい。




Q : 製造現場の共有パソコンで複数のユーザーが同一アカウントで利用したいのですが?
A : 標準添付されているソフトでは、虹彩5個まで可能ですので、最大5人分の虹彩を登録して利用することができ
   ます。 拡張オプション(虹彩データ100個まで、500個まで、1000個まで、5000個まで)もありますので、
   ご相談ください。











| 商品一覧 | 虹彩認証ソリューション | 虹彩認証の特徴 | 導入事例 | FAQ | 会社概要 | お問合せ |