トップページ 会社概要 虹彩認証について 製品紹介 技術情報 ダウンロード FAQ パートナー 人材募集 お問い合わせ

製品紹介 > 虹彩認証製品/虹彩認証端末

製品紹介




2.虹彩認証端末MirrorKey(ミラーキー)

2.1Mirrorkeyの概要

1)生体認証の中で最も精度の高い「虹彩認証システム」のリソースの適正化を図り、最小・軽量化を実現した。
2)使い方は、極めて簡単。上部の凹面鏡を見て焦点を合わせるだけ。
3)認証に要する時間は、平均1秒以下。(最初の登録時を除く)
4)PCの情報を安全、確実に保護。 
 万一PCや認証端末を盗まれても内部の情報は読み出せない。
 

2.2 Mirrorkeyの特徴

1)独自特許技術による虹彩認証アルゴリズム
2)虹彩認証用に開発したイメージセンサーモジュール
3)ファイルの暗号化・復号化機能
4)外部環境変化(温度、湿度、明るさ)に強い
5)早い認証速度(1:1認証0.3秒)
6)東洋人に多い細い眼やまつげが下向きで虹彩にかかる人でも登録、認証が可能
7)ファイルの暗号化・複号化が可能

2.3 Mirrorkeyの機能

1)虹彩登録:虹彩登録及び削除
2)Windowsログオン:登録された使用者のみ虹彩認証でログオン可能、登録されていない人のログオン拒否
3)ファイル保護機能:ファイルの暗号化・復号化機能
4)ファイルの抹消機能

2.4 虹彩認証端末Mirrorkeyの仕様

MirrorKey はUSBインタフェース、セキュリティ・インフラおよび WindowsやLinux をサポートしている。
画像取り込み方式 自動取り込み、60フレーム/秒
取り込み距離 200mm ( 画像センサーからの距離)
画像フォーマット ISO/IEC 19794-6/ 高水準
画像センサー解像度 VGA(640×480 Pixel)
登録可能虹彩数 5(増加可能)
寸 法 45×39×21mm
電源 Single USB バス (DC +5V±5%) (最大消費電流 =500mA)
照明 赤外 LED
動作環境 温度0 °C to + 45 °C (動作中); 湿度10% to 90% Humidity (結露がないこと)
使用場所 屋内、屋外 (直射日光および明るい反射光を避けること)
遵守規準および 取得基準 Eye safety standard (IEC 62471:2006-07)
RoHS, (EN 50581:2012, IEC 62321:2013)
FCC Part 15 Rules (Class B)
USB規格 USB 2.0
第3者による精度評価 KISA(Korea Internet & Security Agency) によるCertificate受領
付属ソフトウェア PCログイン、WEB IDとパスワード管理、ファイル・フォルダー暗号化、ファイルの秘匿、ドライバー、SDK (C++, .NET C#、 Java) サンプルコード
利用可能 OS Windows 7, 8.0、8.1、 Linux ,


この製品のパンフレットはダウンロードできます。

line